アイディアから生まれた多角経営

阪神住建の経営は不動産経営だけにとどまらず、多岐にわたっています。ビジネスホテルの建築・運営やミシュランガイドも星を獲得したスパ施設「スパワールド 世界の大温泉」は、宿泊施設も兼ねており、地上8階、地下1階で同業種では日本最大級の規模となっています。また、スポーツ関連事業として3事業を採用しています。大阪市内最大級の規模を誇る「阪神ゴルフセンター」が、大阪市大正区と住之江区の2箇所にあります。そして、阪神フットサルコート「FUT MESSE!大正」もあります。こちらは、社会人などの成人向けだけではなく地域交流の場としてフットサルを通して地域交流を図っています。そして、アーバンマリンリゾートとして、都市にいながらにして極上マリンリゾートを体験できるような施設もあります。

阪神住建は、マンション分譲などの不動産事業をメインにしたビジネスを行いつつ、時代の流れに沿って地域のニーズを検討しながら採用した事業を通じて大阪における地域交流を行っています。このように地域のニーズを敏感に察知して多角経営をしていく姿勢には、阪神住建の独特の社風があるといえます。それは、阪神住建に採用された社員同士の交流が盛んで、風通しが良く、意見が通りやすいことが第一に言えます。年に数回、社員同士の交流イベントが盛んに行われて、コミュニケーションを取ることが比較的容易にできることが貴重な環境となっています。また、採用された年度や社歴に関係なくやる気のある社員は、チャンスに多く恵まれるという社風も新しいアイディアや意見が良く上がってくる状況が生まれやすくなります。そして、阪神住建の社員には、採用されて間もない時でも役員へのプレゼンテーションをする機会を恵まれることもあります。役員に直接アイディアを聞いてもらうことで、自身の考えが採用されやすくなり、採用までの時間を短縮することができます。

このように阪神住建は、社員の考えを大切にしています。人材を人財と読みかえて、採用段階からまるで宝物を探索するかのように人材の確保に乗り出しています。他人とのコミュニケーション能力に長けていることや、幅広い分野にやる気を見せている姿勢などが重んじられています。入社後も先輩社員の前での意思表示などが重要視されていますので、自分の意見をしっかり伝えることができる人財が大切にされています。阪神住建は、このような社風であるがゆえに、不動産業界でトップクラスを誇りながら、他の産業の経営もこなしていけるのではないでしょうか。

≪関連リンク≫阪神住建の情報をもっと知りたい!そんな人には、社員の運営しているブログを見るといいでしょう。さまざまな情報や体験談が掲載されてます⇒⇒阪神住建を支える社員たち